去年、霧島市にある和気神社の『藤まつり』のことを知りました
それを知ってから、ずっと、気になっていたので
今年、母と2人で、和気神社の『藤まつり』に行ってきました







ここまでは、入って、一番最初に目に飛び込んでくる場所にある藤の花です
遠目で見たときは、あまり感動しなかったので画像を撮りたいと思いませんでしたが、
藤の花の下に入って、藤の花の香りと近くで藤の花を見た感動は
何とも言えないものがあり、たくさん画像を撮りたくなってしまいました
ただ、藤の花の近くには蜂が結構飛んでいて
見たこともない大きく黒い蜂?には、少し、近寄りがたいものも感じましたが、
何もしなければ、刺されることはないので、何とか、刺されることなく
藤の花の香りなどを楽しむことができました



23種100本の藤の花があるみたいですが、
私が見て藤の花の種類の違いは、紫色、白色、ピンク色の花の色でしか分かりませんでした




そして、もう少し、奥に進むとさらに沢山の藤の花のある場所へ行くことができます














この場所は、藤の花が一面にあって、
藤の花で太陽の光が差し込めないほど、藤の花で埋め尽くされていて
一瞬、藤の花の下に入っていくのを躊躇ってしまったくらいでした
すごい!としか、言葉が出てきませんでした



そして、もう一カ所、白い藤の花だけが咲いている場所があったのですが、
カメラ小僧ならぬカメラ男子?(私よりずっと年配の方)が
ずっと、藤の花の下から離れずに一眼レフのカメラで写真を撮っていらっしゃって・・・
人気のない藤の花を残したかった私は、
少し、その方がその場から離れるのを待っていたのですが、
その気配がなく、逆にその方以外の方がどんどん増えてきたので
その白い藤の花の撮影を断念してしてしまいました
個人的には、その白い藤の花が遠目で見た感じは一番のお気にいりでした



また、和気神社はイノシシと関わりがあるそうです
こんな日本一大きな絵馬もありました















和気神社には、白い猪がいると行ったあとに知りました
私は、行ったとき、知らなかったので白い猪を見ることはできませんでしたが
また、機会があれば、和気神社に行きたい!と思っています
そのときには、白い猪も見てみたい!と思っています



元号が『令和』に変わりました
令和の年もどうぞ、よろしくお願いいたします