今朝、朝食の最後に1つのデコポンを半分に分けて母と食べました
デコポンのイメージに酸っぱいイメージがなかったので
何も考えずに、私も母も一房口の中に入れたのですが、
その瞬間、2人で顔を見合わせ、大笑いとなってしまいました



美味しくてではなく
酸っぱさのあまり笑うしかない!って感じだったと思います
何度も何度も母と目が合うたびに2人して大笑いしたんですけど
母と目が合うとそのときの母の顔と酸っぱさが思い出されていました
本当に酸っぱくて酸っぱくて…



何とか、全て食べ終わろう!としてはみましたが
やはり、酸っぱくて2房目は一口かじったのみで
それ以上は食べることができませんでした
まだ皮を剥いていない他のデコポンの皮を剥いて食べるという
思考もできないくらいの酸っぱさでした



酸っぱいのには驚きましたが
不思議と怒りにはなりませんでした
朝から、こんなに何度も大笑いしたのは本当に久しぶりで
こうやって大笑いできたことは、幸せなことなのかもしれない!と
大笑いできたことが良かった出来事だと思えたから
怒りにならなかったのかもしれません
大笑いできると怒りの気持ちって感じないものなのかもしれませんね



普段の朝は、起きてから出勤するまで
家族で話をすることはあっても
朝から大声で笑い合うことはほとんどありません
忙しくて、そんな暇はない!
みたいな感じで動き回っていることが多いような気がしますが
大声で笑った今日は、何だかいつもと違う気がするんです
どんな風に……ときちんと説明することはできませんが
いつもより心に余裕がもてているような
少し心が軽いようなそんな感じがしています
そして、思い出すと、また、笑顔になり
この出来事を話すと、また、大笑いになります
そして、1日を楽しく過ごす力を貰えているような感じになっています
きっと、家に帰ったら、
また、今朝、食べたデコポンの話になるかもしれません
そして、また、大笑いしてしまいそうな気もしますが
朝の出来事が1日が終わるまで、笑顔になる!大声で笑える!
そんな楽しい時間をもたらしてくれる出来事になるなんて
素敵なことなのでは?と思えてきます



忙しい時間が増えてくると
大声で笑う!なんて時間はだんだんと減っていく気がします
そして、だんだん険しい顔になり
ちょっとしたことにイライラしたりもします
笑う時間は、何か特別なことをしなくても
今朝のような些細なことでも大声で笑える笑う時間になるので
そんな時間を作れるくらいの心にゆとりをもちたい!と思います
そのためには、少し、早く起きるようにしよう!と思います



今朝、笑う前には、イライラする出来事がありました
でも、笑ってからは、そのイライラする出来事も忘れてしまいました
それらも踏まえて、朝、笑うってことがどんなに大切なことか?
改めて感じさせられた今朝の出来事となりました