数ヶ月後に大事なイベントを控えていたある日
顔面神経麻痺に罹患してしまい
都城市内の病院で治療中だけど・・・と
顔面神経麻痺の鍼灸治療を受けに来てくださいました。



遠くからの定期的な通院でしたので大丈夫かな?
と私がご本人に聞いてしまったくらい遠いところからの通院でしたが
頑張って定期的にお越しくださった結果



かなり回復されました。



異常に気が付き病院を受診し、
2週間ほどの入院にて1日に3回の点滴治療をされ、
味覚障害や音が響く症状は改善し、
入院前より顔面筋の動かしにくさも少しは軽減されたようですが、
顔面筋の麻痺はまだまだ強く残っている状態でした。
点滴の治療終了時にお医者さんから
「改善速度が遅い!」的なことも言われいていたみたいです。



当院には、病院と同じような筋電図はありません。
顔面筋の動きは、見て変化がわかるところもありますが、
細かい部分の動きの変化はわかりにくいところもあるので
治療の指標として『表情筋スコア』を利用しています。
表情筋スコアは40点満点中、8点以下は完全麻痺
38点以上が正常となっています。
当院では、38点以上を目標に治療を開始し、
治療を受けられる方と相談をしながら治療の終了を決めていきます。



今回、治療させていただいた方は
鍼灸治療前の表情筋スコア      → 11点
鍼灸治療8回終了直後の表情筋スコア → 37点 でした。
38点には少し足りませんでしたが、
様々な事情によりお互いが納得して治療を終了することとなりました。



最初の治療直後から顔の筋肉の動きに
微妙ですが、
変化があり、
症状が良くなることは何となく感じていました。
しかし、もう少し時間がかかるのではないか?
と思っていたので少し驚いています。
鍼灸治療を開始してからも
自宅でしっかりリハビリをされた結果、
これだけ早く改善に向かったのだと思っています。



大切なイベントを間近にして、
顔の筋肉が片方だけ動かない・・・
表情をつくることがきでない・・・
とても不安だったのではないか?と思います。
入院されて点滴を1日3回行ったにも関わらず、
改善速度が遅いなんて言われてしまったら
私だったら不安でどうしたらいいのか?
何も考えられなくなってしまうかもしれません。



でも、本当に良かったです。
「ここまで回復すると思っていなかったので!」と
笑顔で言ってくださって私もとても嬉しかったです。



イベントもきっと素敵なイベントになったのではないか?と思います。
これからも周りにいらっしゃる方々と
たくさんの幸せな時間を過ごしていかれることを願っています。