宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊(妊活)治療・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

鍼治療の疑問

  • HOME »
  • 鍼治療の疑問


りで治療を受けられたことのない方にとって『鍼=怖い』というイメージではないでしょうか。そして、効果はどうなの?と思ってしまいませんか?鍼治療、正直に言って、症状の状態などによっても異なりますが、効果がある場合とそうでない場合があります。受けられる方にとって、 鍼治療と言えば、一通りでどこの治療院でも治療方法は同じでしょ!と、思われるかもしれませんが、実は、治療院によって、得手不得手があり、鍼灸師が10人いれば10通りの治療法がある!と言われることもある程です。ですから、治療に来られる方にとって一番最初に大切なのは、自分に合う治療院を探せるかどうか?になります。

使用する鍼

  • 太さは、一般的に使用されるもので0.2㎜前後で、毛髪程度の太さです。
  • 長さは、様々ありますが、メインとなる長さは40~50mmです。治療する部位によって長さは異なることがあります。ただ、その長さ全てを深くすることはほとんどありません。
  • 形状は、注射針や縫い針のように先端が鋭くなく、松葉型といって、先端が少し円みを帯びていて、可能な限り痛みを抑える形状になっています。

施術時の痛み

鍼の痛みは感じないものの方が多いですが、たまにチクっと感じるときもあります。鍼灸学校では『蚊が刺すくらいの痛み』と伝えることが多いと教わりました。ただ、鍼灸学校では響きと言われる(ドンとかズンとか感じる)ものを痛みと捉えていませんので、それを痛みと表現される方もいらっしゃいます。

当院での鍼治療は痛くないです。と言えるといいのですが、そうでない場合もあります。ただ、痛みを感じないように丁寧に治療を行っています。また、鍼は、施術部位、感受性、方法、受け手の緊張度合などにより神経が刺激を受け取りやすい過敏な状態にあると痛みとして知覚しやすくなります。ですから、できるだけリラックスした状態で受けていただけるよう気配りを心がけています。
鍼の効果については症例、または、疾患適応例をご覧ください。

体験談

10代の頃、数人の先生から治療を受けたことがあります。そのときの私の感想です。

最初は、中学生時代。翌日に剣道の県大会を控えていたある日、夕飯のためベッドから起き上がろうとしてギックリ腰に・・・!すぐ父親に背負われ近くの鍼灸院へ行きました。つい1時間くらい前まで自力で動けなかったことが嘘のように鍼をした後から動けるようになっていました。翌日の試合にも出場することができました。ただ、痛みが全くなかったわけではなく、鹿児島市内までの車内や試合のとき以外は横になって過ごしていました。このときの治療は、いつの間にか終了していたという感じでした。また、これ以降、18歳で交通事故に遭うまでは腰痛で辛い思いをすることはありませんでした。

次は、長距離選手時代。高校から実業団に入って練習量が格段に増し、土踏まずの上、内果(内くるぶし)の下が腫れ歩行時にも痛みがあったとき、合宿で訪れていた宮崎市内で2、3回鍼治療に行きました。鍼をした後は、腫れも引き、練習ができるようになりました。その繰り返しでしたが、合宿での練習を全て予定通りに行うことができました。この時は治療するところが見えていたこともあり、場所も場所だったので、痛さと怖さを感じていました。同じ所に行っていた先輩は「私は痛くなかったよぉ~」って言われてましたけど、私は、少し鍼にいくのを渋った記憶があります。

患者様の声

  • する前は、怖かったけど、1度したら全然怖くなくなりました。
  • 前回まで行っていた所は、置き鍼をしている間中もずっと痛くて、先生に痛いことを告げてもやり直してくれず我慢していました。それを覚悟してきましたが、今日は痛くなくてビックリしました。
  • 他の先生のを受けて、先生が丁寧に鍼をして下っていたことに気がつきました。
  • これくらいなんですか?これくらいだったら大丈夫です。
  • (たまに)今、鍼したんですか?

使いまわしするの?

使用している鍼は、ディスポ鍼(使い捨て)です。始める直前に梱包してある中から1本1本取り出し、終了すると、使用した本数が全てあるか確認して廃鍼箱に捨てます。また、鍼皿(鍼を置く容器)も使い捨てですので、使い回しすることはありません。

健康保険の使用について

健康保険を使った場合、時間や施術部位など、様々な制限があり、当院では健康保険の取扱いをおこなっていません。

補助券の使用について

各市区町村の施術補助券については『曽於市』と『志布志市』のみ使用できます。

持っていくものがある?

  • お着替えは当院で準備しておりますのでお持ちいただく必要はございませんが、もし、ご持参される場合は、襟ぐりの大きく開いたTシャツと膝が見える長さの短パンをお願いいたします。コアコンディショニングなどを受けられる方は、トレーニングできる服装をお願いいたします。
  • 症状によっては、検査結果や基礎体温表などをお持ちいただくことをお願いすることがあります。

どんな症状や病気に効果があるの?

よく知られているのは鎮痛に対する効果です。所謂、腰痛や五十肩などの【運動器系疾患】です。しかし、鎮痛に対する研究以外にも様々な研究がされています。NIH(米国 国立衛生研究所)は各種の病気や症状に対する効果(80以上の病気や症状)とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として有効であると発表しています。 (日本鍼灸師会HP参照)

一例   【婦人科系疾患(不妊や月経不順など)】

HIM発表の疾患適応例をご覧の方はこちらをクリック ↓
PAGETOP
Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.