不妊とストレス

ストレスと不妊の関係は深いと考えられています。不妊治療や妊活にストレスがどのような影響を及ぼす可能性があるのか?また、鍼灸治療でストレスが緩和できるのか?などご紹介いたします。

ストレスとは

ストレス理論では、人生の中で様々な出来事(ストレッサー)に遭遇するが、その遭遇した出来事が自分の対処能力を超えた脅威であると感じる時に、ストレス反応と呼ばれる症状や行動を生じさせます。とあります。
ストレッサーとは、ストレスの原因となる刺激や要求などです。

ストレッサーには強さがあり、強いストレッサーは大きなストレス反応を引き起こします。文部科学省のサイトでは、ストレッサーの種類を次の3つに大別しています。

  • 生活環境ストレッサー
  • 外傷性ストレッサー
  • 心理的ストレッサー

〇生活環境ストレッサー

生活環境の中から受ける刺激(出来事)のほとんどが生活環境ストレッサーです。
大切な人との離別、喪失は特に強いストレスであり、家族、職場、友人との人間関係や環境の変化も大きなストレッサーになります。

〇外傷性ストレッサー

地震、災害、事故などその人の生命や存在に影響をおよぼす強い衝撃をもたらす出来事のことを呼びます。以下のようなものが該当します。(生活環境ストレッサーと重なるところも一部あるようです)

  1. 自然災害:地震・火災・火山の噴火・台風・洪水
  2. 社会的不安:テロ事件・暴動など
  3. 生命などの危機に関わる体験:暴力・事故など
  4. 喪失体験:家族・友人の死、大切なの物の喪失

〇心理的ストレッサー

現実に遭遇していない出来事であっても「~するかもしれない」「~したらどうしよう」と様々に考えるが、この考えがストレッサーとして作用します。
「地震がくるかもしれない」などの否定的な予期や評価が不安や恐怖、緊張といったストレス反応を引き起こします。
困難な状況下では、その状況から抜け出すために誰しもあれこれと考え続けてしまいます。しかし、この思考自体が持続的な心理的ストレッサーとして作用し、ストレス反応が継続することになります。

ストレス反応は、生活環境ストレッサー、外傷性ストレッサー、心理的ストレッサーが全て加算され、複合的に作用し引き起こします。

(文部科学省のサイトより抜粋)

ストレスによる影響を受けやすい自律神経とは

自律神経とは末梢の遠心路として定義したもので、呼吸、循環、栄養、体温、生殖などの自律機能を常時調節し、生体のホメオスターシス(恒常性)の維持に重要な働きをしています。自律神経は心筋、平滑筋臓器、分泌腺に分布しており、中枢は間脳の視床下部で自律神経における反応を全て統括しています。
自律神経には交感神経と副交感神経の2系統に分かれ、多くの場合、1つの器官を交感神経と副交感神経の両方の神経が支配しています。これを二重支配と言い、また、効果器に対する作用は相反的のため、拮抗支配とも言われています。交感神経と副交感神経は絶えず効果器に対して一定のインパルスを送って緊張を維持しており、交感神経と副交感神経の緊張の平衡の上に興奮性が維持されているので、拮抗的二重支配の自律神経では交感神経もしくは副交感神経どちらか一方の緊張の減少は、他方の緊張の増加と同様な効果を現すことになります。(はりきゅう理論より)

≪ストレスを感じたときの身体の反応≫

生体にとって有害な出来事に出会った時は、危険から身を守るための心身の防御反応が生じます。身を守るために闘うか逃げるか、どちらの行動をとるににしても心身は、活動するための戦闘態勢を整えることになります。
この戦闘態勢を整えるために、自律神経の中の交感神経が緊張したり、副腎皮質ホルモン(副腎コルチゾール)などを分泌する内分泌系がの活動が活発になります。(科学文部省サイトより)

〇副腎皮質ホルモン分泌反応

ストレッサーを受け本能と理性が戦う
     ↓
理性が勝つとストレスとなる                   
     ↓
ストレスを感じると脳(視床下部)からストレスを緩和させるホルモン分泌を促すホルモンが分泌される
     ↓
視床下部の指令により下垂体からストレス緩和ホルモン(副腎コルチゾール)が分泌される
     ↓
コルチゾール分泌により身体を臨戦状態にする

〇自律神経による反応

ストレッサーにより交感神経が優位になると、

  • 覚醒水準が高まる
  • 不安感情が起きる
  • 瞳孔が見開く
  • 毛が逆立つ
  • 活動エネルギー供給のため呼吸が速くなる
  • 栄養と酸素を含んだ血液を全身に送るため心拍が速くなる
  • 傷を負ったとき出血を防ぐため末梢の血管が収縮し、手足が冷たくなる
  • 消化器系の活動が不要なため、食欲がなくなる
  • 排尿の活動が停止する
  • 生殖器の活動も停止する(生殖器の血管が収縮する)

自律神経は拮抗支配のため、副交感神経が優位の場合、交感神経が優位になった場合と反対の反応が起きる

ストレスと不妊の関係について

ストレスは様々な病気や症状を引き起こすと考えられています。そして、ストレスは不妊にも関係があると考えられています。私もストレスは不妊治療をされているご夫婦にとって大敵だと考えています。
子供から大人まで現代に生きる人達はたくさんのストレスを抱えていらっしゃいます。人間関係・仕事などストレスの無い日は少ないのではないでしょうか。しかし、人の身体はとても繊細でストレスに対してあまり強くありません。そのため、気づかないうちにストレスによる身体への影響は蓄積されていると考えられます。その影響についてを考えていきたいと思います。

≪ストレスが卵巣や子宮に与える影響≫

  • 視床下部からの女性ホルモン分泌の指令に支障がでる

視床下部は、心の状態に敏感でストレスや悩みに弱いことが知られています。視床下部には様々な働きがありストレス解消のための司令塔の役割をしています。その他に女性の生理周期をコントロールする司令塔の役割なども担っています。
視床下部は、ストレスが加わった場合、ストレスホルモン分泌を優先させます。それにより女性ホルモン分泌に支障がでる場合があります。

  • 女性ホルモンが低下し、男性ホルモンが活性化する
  • 免疫力の低下。カンジタ膣炎に罹患しやすくなり、菌の増殖が加速する可能性がある。
  • 副腎コルチゾールによりドーパミンやセロニンなどの抑制
  • 副腎コルチゾール分解時に発生する活性酸素による卵子の老化促進
  • 活性酸素により身体機能の低下(卵巣や子宮の機能低下にもつながる)
  • ストレスにより身体が緊張状態となると筋肉や血管が収縮します。このことにより、血流低下による体温低下、また、各臓器への血流量低下により体熱、酸素、栄養素、ホルモン(血液によって各臓器へ運ばれる物質)が本来必要とされる臓器へ届かなくなり、卵巣や子宮の収縮や硬くなることなどによる機能低下やホルモン不足 など

ストレスと高プロラクチン血症

ドーパミンとは、何等かの行動に対して快感を感じさせたり、経験した快感を記憶し再度その快感を得るためのモチベーションを生じさせたりする働きがあります。また、さらに効率よく快感を得るための学習、精度の向上をはかったり、物事への執着、集中力向上や疲労軽減などに対しての働きなどもあります。

その他にドーパミンにはストレスを打ち消す作用があり、様々な働きをしてくれています。そのドーパミンがストレスにより分泌低下がおこると、体内ではドーパミンを分泌できないことがストレスとなり、ストレスを強めてしまう結果となります。

ドーパミンプロラクチンの拮抗物質でもあります。ドーパミンプロラクチンを活性化しないようにする働きをもっているため、ドーパミンが減少するプロラクチンが活性化高プロラクチン血症になる場合があります。

PAGE TOP