宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊鍼灸・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

不妊とストレス

ストレスと不妊の関係は深いと考えられています。妊活にストレスがどのような影響を及ぼす可能性があるのか?また、鍼灸治療を行うことでストレスが緩和できるのか?などご紹介いたします。

ストレスと不妊の関係について

病院に通院をされはじめるとストレスが強くなる方もいらっしゃいます。私は、不妊治療をされている方にとってはストレスは大敵だと考えています。
子供から大人まで現代に生きる人達はたくさんのストレスを抱えていらっしゃいます。人間関係・仕事などストレスの無い日は少ないのではないでしょうか。しかし、人の身体はとても繊細でストレスに対してあまり強くありません。そのため、気づかないうちにストレスによる身体への影響は蓄積されていると考えられます。その影響が機能性不妊や高プロラクチン血症などの要因になっている可能性も考えられます。

≪ストレスを感じたときの身体の反応(一部)≫

刺激を受け、本能と理性が戦う
     ↓
理性が勝つとストレスとなる                   
     ↓
ストレスを感じると脳(視床下部)からストレスを緩和させるホルモン分泌を促すホルモンが分泌される
     ↓
視床下部の指令により下垂体からストレス緩和ホルモン(副腎コルチゾール)が分泌される
     ↓
コルチゾール分泌により身体を臨戦状態にする

≪ストレスが卵巣や子宮に与える影響≫

  • 視床下部からの女性ホルモン分泌の指令に支障がでる

視床下部は、心の状態に敏感でストレスや悩みに弱いことが知られています。視床下部には様々な働きがありストレス解消のための司令塔の役割をしています。その他に女性の生理周期をコントロールする司令塔の役割なども担っています。
視床下部は、ストレスが加わった場合、ストレスホルモン分泌を優先させます。それにより女性ホルモン分泌に支障がでる場合があります。

  • 女性ホルモンが低下し、男性ホルモンが活性化する
  • 免疫力の低下。カンジタ膣炎に罹患しやすくなり、菌の増殖が加速する可能性がある。
  • 副腎コルチゾールによりドーパミンやセロニンなどの抑制
  • 副腎コルチゾール分解時に発生する活性酸素による卵子の老化促進
  • 活性酸素により身体機能の低下(卵巣や子宮の機能低下にもつながる)
  • ストレスにより身体が緊張状態となると筋肉や血管が収縮します。このことにより、血流低下による体温低下、また、各臓器への血流量低下により体熱、酸素、栄養素、ホルモン(血液によって各臓器へ運ばれる物質)が本来必要とされる臓器へ届かなくなり、卵巣や子宮の収縮や硬くなることなどによる機能低下やホルモン不足 など

ストレスと高プロラクチン血症

ドーパミンとは、何等かの行動に対して快感を感じさせたり、経験した快感を記憶し再度その快感を得るためのモチベーションを生じさせたりする働きがあります。また、さらに効率よく快感を得るための学習、精度の向上をはかったり、物事への執着、集中力向上や疲労軽減などに対しての働きなどもあります。

その他にドーパミンにはストレスを打ち消す作用があり、様々な働きをしてくれています。そのドーパミンがストレスにより分泌低下がおこると、体内ではドーパミンを分泌できないことがストレスとなり、ストレスを強めてしまう結果となります。

ドーパミンプロラクチンの拮抗物質でもあります。ドーパミンプロラクチンを活性化しないようにする働きをもっているため、ドーパミンが減少するプロラクチンが活性化高プロラクチン血症になる場合があります。

鍼刺激とストレス

鍼の効果にはさまざまありますが、鍼の刺激にはリラックス効果が得られるとされる報告がされています。
それについてご紹介いたします。

鍼の刺激と脳の関係

鍼の刺激は、脳波学的研究や脳内モノアミンに関する基礎研究になどよりリラクゼーション効果があるといわれています。それは、鍼刺激時、リラックス時に観測される脳波が観測されるからです。脳には、緊張しているときに活動的になっている部分があります。その部分を鍼刺激で鎮静化させ、リラクゼーション効果が得られると考えられています。

鍼の刺激による神経伝達物質への影響

リラクゼーションには、精神安定や心の落ち着きに関与するセロトニンや快感などに関与するドーパミンなどの神経伝達物質の関与も欠かすことはできません。

  • 鍼の刺激によるセロトニンの分泌増加
  • 鍼の刺激によるリラックス効果によりドーパミンの分泌増加
  • 鍼の刺激によるストレスホルモン伝達の抑制

ストレス緩和と妊活

ストレスを緩和することができると、妊活にとってはプラスになることが考えられます。それについてご紹介いたします。

妊活に役立つ鍼治療

不妊治療中は、不安や焦りなどといったストレスとの闘いでもあります。
しかし、それらが大きなストレスとなってしまった場合、そのストレスが原因で女性ホルモン分泌調整や卵子の老化、卵巣や子宮への血流などさまざまな弊害を生んでしまう可能性があります。そうすると、病院で治療しても妊娠になかなか結びつかない。サプリメンを飲んだり、嗜好品を我慢したりしているのに妊娠に結びつかない。などの状況にも陥ってしまう可能性もあります。

鍼治療を行うことによって、ストレスの全てを解消することは難しいですが、鍼の刺激により、ストレスのよる妊活にとって悪影響となる一部でも緩和できる可能性は考えられます。それにより、女性ホルモン分泌調整が正常化すること、卵子の老化を防止すること、卵巣や子宮への血流改善などが期待できます。

    お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-8913-7121 〈受付時間〉10:00〜19:00 〈定休日〉木曜日

    PAGETOP
    Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.
    PAGE TOP