宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊鍼灸・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

鍼治療によるストレス緩和と妊活

鍼治療がどうストレスの緩和に働きかけていて、そのストレスが緩和されることで妊活にどう関わっているのか?まとめてあります。

鍼の刺激と脳の関係

鍼の刺激は、脳波学的研究や脳内モノアミンに関する基礎研究になどよりリラクゼーション効果があるといわれています。それは、鍼刺激時、リラックス時に観測される脳波が観測されるからです。脳には、緊張しているときに活動的になっている部分があります。その部分を鍼刺激で鎮静化させ、リラクゼーション効果が得られると考えられています。

鍼の刺激による神経伝達物質への影響

リラクゼーションには、精神安定や心の落ち着きに関与するセロトニンや快感などに関与するドーパミンなどの神経伝達物質の関与も欠かすことはできません。

・鍼の刺激によるセロトニンの分泌増加
・鍼の刺激によるリラックス効果によりドーパミンの分泌増加
・鍼の刺激によるストレスホルモン伝達の抑制

ストレス緩和と妊活

不妊治療中は、不安や焦りなどといったストレスとの闘いでもあります。
しかし、それらが大きなストレスとなってしまった場合、そのストレスが原因で女性ホルモン分泌調整や卵子の老化、卵巣や子宮への血流などさまざまな弊害を生んでしまう可能性があります。そうすると、病院で治療しても妊娠になかなか結びつかない。サプリメンを飲んだり、嗜好品を我慢したりしているのに妊娠に結びつかない。などの状況にも陥ってしまう可能性もあります。

鍼治療を行うことによって、ストレスの全てを解消することは難しいですが、鍼の刺激により、ストレスのよる妊活にとって悪影響となる一部でも緩和できる可能性は考えられます。それにより、女性ホルモン分泌調整が正常化すること、卵子の老化を防止すること、卵巣や子宮への血流改善などが期待できます。

    お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-8913-7121 〈受付時間〉10:00〜19:00 〈定休日〉木曜日

    PAGETOP
    Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.
    PAGE TOP