宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊(妊活)治療・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

突発性難聴・めまいなど耳鼻科症状の症例

耳鼻科症状の中で代表的なものといえば、中耳炎や鼻炎などの症状も入りますが、来院される方で多い症状は『突発性難聴』『めまい』『耳鳴り』などが挙げられます。

『難聴』の症状には、感音性難聴と伝音性難聴、両方が混合している混合性難聴があり、感音性難聴の中には、老人性難聴や突発性難聴などがあります。突発性難聴とは、突然、片方の耳に聴こえないもしくは聴こえにくいなどの症状が出現する病気です。ストレスやウイルス、内耳の循環障害などが原因として考えられていますが、はっきりとした原因は不明で若い方にも多い疾患となります。また、症状には、耳鳴りなど難聴以外の症状を複数自覚される方も多くいらっしゃいます。
何等かの異変に気づかれて病院を受診されると思います。もし、内服薬の処方や点滴などを行っても症状が改善しない場合でも鍼灸治療で良い方向へ向かう場合もあります。また、病院での治療を妨げることはありません。

『めまい』の症状でよく知られている疾患はメニエール病もしくはメニエール症候群だと思います。メニエール病とは内耳に内リンパ水腫があり、激しい回転性眩暈、難聴、耳鳴り、耳閉感の4つの症状を伴うものになります。メニエール病は、この内リンパ水腫が軽減されれば症状は改善の方向に向かっていくと考えられます。それに対して、メニエール症候群は、内リンパ水腫がなくメニエール病と同じ症状を呈するものになります。
『めまい』を伴うものはメニエール病の他に自律神経失調症や突発性難聴、良性発作性頭位眩暈症、貧血、高血圧、脳腫瘍など様々な疾患で起こる症状です。耳鼻科などの病院で検査を行いきちんとした診断されたうえで鍼灸治療をされることをお薦めいたします。

めまい、難聴などの症例をいくつかご紹介させていただきます。

耳鼻科症状の症例

≪めまい 40代前半 3回≫

【症  状】
風邪を引き2週間経過したころからフラフラした感じが出始めた。近所の病院を受診したが異常は見つからなった。その翌日、耳鼻科を受診。ここでも異常は見つかず、耳鼻科で処方され内服薬を服用しているが改善がみらない。めまいは夜の方が強く、頭を左回旋させたときのみめまいが増強され、起床時や頭の上下運動などで増強することはなかった。また、咳が残っている状態で、本日、2回嘔吐し、食欲もないと来院された。

【治  療】
初回鍼灸治療後からめまいは半分以下に軽減し、食欲も出て吐くことも吐き気もなかった
2回目の鍼灸治療後からは咳もでなくなり、めまいもかなり楽になられていたため終了とした。

≪突発性難聴 50代前半 30回≫

【症  状】
出張で東北に行き、その最終日、右耳の聞こえにくさに気がついた。その日のうちに耳鼻科受診。右耳(低音60dB、高音40dB)の聴力検査にて聴力が低下しており、突発性難聴と診断された。耳鼻科受診当日からステロイド点滴を開始し2日後には右耳聴力は(低音40db、高音15dB)回復し、ステロイドの量を減らし点滴継続したが、ステロイド量を減らした日の夕方より右耳の聞こえにくさ増強。すぐに耳鼻科を受診した。夕方のオージオ検査では右耳の聴力が(低音80dB、高音60dB)耳鼻科受診前より悪化していた。その後、ステロイド量増加するも右耳の聴力低下は進む一方だった。MRI検査も行ったが異常はみられず、右耳の聴力低下以外に耳鳴り、こもり感、音割れもあり、右耳の耳鳴りにより左耳の聞こえにくさも感じていると来院された。

【治  療】
初回の鍼灸治療後の翌日、病院で行ったオージオ検査にて低音60~70dBと少し聴力に改善がみたれた。
鍼を継続するごとに聴力は徐々に改善されていくが、耳鳴りやこもり感などは飛行機に乗ったり、疲れが溜まったりすると症状が強くなることもあり、開始してからしばらくは聴力以外の症状にあまり軽減はみられなかった。されに治療を重ねると疲れなどのない日は聴力以外の症状もかなり軽減される状態になっていった。右耳聴力検査に関しては、低音500Hzのみ40db前後で1000Hz以上は正常範囲内の状態がしばらく続いたため、症状が安定したと考え患者さんと話し合い、治療を終了とした。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0986-36-7121 〈受付時間〉10:00〜19:00 〈定休日〉木曜日

PAGETOP
Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.