宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊(妊活)治療・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

頭痛・過敏性腸症候群など自律神経失調症状の症例

自律神経失調症状について

自律神経失調症状を呈する疾患には、自律神経失調症や自律神経失調症候群などの他にも自律神経緊張異常症、自律神経不安定症、不定愁訴症候群などがあります。
一般に種々の身体的自律神経系愁訴をもち、しかもこれに見合うだけの器質的(病理学的・解剖学的)に変化がなく原因も不明であり、自律神経機能失調に基づく一連の病像をいいます。症状としては、自覚的なものが多く頭痛めまい疲労感不眠、ふるえ、四肢冷感、発汗異常、動悸、息切れ、胸痛、胸部圧迫感、 食欲不振、胃部膨張感、便秘下痢など多彩になります。最近では、症状のうちまとまりがあるものを疾患として考える場合もでてきています。起立性調節障害過敏性腸症候群などがそれらの疾患になります                                                              (南山堂 医学大辞典より抜粋) 

自律神経とは、自分の意志で動かすことのできない部分を動かしている神経です。交感神経と副交感神経がありそれぞれに働きがあります。自分の意志で動かすことのできない部分とは、心臓や内臓などの筋肉を動かすことやホルモン分泌、また、血管の運動や汗腺の働きなどが入ります。どういうことか?というと自分で「心臓よ早く動け!」とか「〇〇のホルモンよ分泌」などと命令を出してもその通りに身体の中で変化は起こせないということです
交感神経は、敵と戦かうために戦闘態勢をとるときに活発に働く神経になります。この時には、頭がさえ、手や足の筋肉が素早く動けるように硬くなったりもします。また、心拍が早くなり、血管が収縮するなどの変化も体内で起こります。そして、アドレなりやノルアドレナリンの分泌が多くなります。一方、副交感神経は、休息をとっている状態の時に活発に働く神経になります。眠たくなったり、筋肉の緊張が解けたり、血流がよくなり心拍も穏やかになります。それにより、身体の各部位への血流がよくなり損傷部位の修復をしたりします。
この交感神経と副交感神経は、お互いが逆の働きをし、平行のような関係が成り立っています。ちょうど、天秤が机と平行になっている状態だと考えるといいと思います。その状態が身体にとって良い状態といえます。そのどちらか片方が優位になる状態が続くと自律神経失調症のような症状が出現すると考えられます。
緊張状態が続くと、交感神経が優位になる状態が続き、不眠動悸頭痛といった症状や本来なら自己治癒力が働いて改善するはずの肩こりや腰痛などの症状と して現れる場合もあります。逆に休息をとっている状態が続くと、副交感神経が優位になる状態が続き、起きることができない、活動意欲が無くなり、うつ状態ような感じになります。鍼灸治療は、自律神経ぼバランスを整える効果も期待できます。

過敏性腸症候群と起立性調節障害について少し詳しく説明させていただきます。 

過敏性腸症候群

腸管とくに大腸の機能的疾患(病理学的・解剖学的な異常が見当たらない疾患)です。腸管の運動亢進、分泌亢進が起こり、腹痛、下痢、粘液、便秘、腹部膨満などを起こし、便通の種類により分類があります。便秘型、下痢型、下痢便秘交代型、ガス型に分けられますが、同一例に種々の型が出現することがあります。特にストレスとの関係が高いと考えられている疾患です。

  • 便秘型・・・腸運動・緊張の亢進による痙攣性の便秘であり、通常は、腸の蠕動運動により送られ便が痙攣のため送られにくくなり、その場所へ留まる時間が長くなることで水分が腸で吸収されることなどにより兎糞状となり、便遺残感などを伴う。
  • 下痢型・・・しばしば突発する腹痛とともに起こり、排便により緩解する。粘液便を伴うことが多く、粘液疝痛、神経性下痢などともいわれる。青壮年層に高頻度にみられ精神的ストレスや環境の変化によって増悪することが多い。食物繊維との関連も指摘されており、低繊維食が内圧の亢進をもたらすといわれています。
  • ガス型・・・ガスが腹部に溜まることによる腹部膨満や腹痛などがあります。ガスが溜まることにより腸管が膨らむことやガスが動くことなどで起こる症状です。ガス型の方は、健康な方に比べて臭いが強くなることが知られています。そのため『人前でおならが出てしまうこと』『おならが出たら恥ずかしい』などと考えものだと世間一般では考えられていることもあり、かなりのストレスになると考えられます。

過敏性腸症候群については診断や治療に苦労される場合も多く、治療抵抗性のものもあり、それに対しては大腸の異常形態があるのではないか。と唱える方もいらっしゃり独自の方法で検証されたりしています。また、感染性胃腸炎後に発症される方の報告も多いためストレスと炎症が同時に存在するのでは?と言われる方もいらっしゃます。その中で、私が特に気になっているのは、過敏性腸症候群と潰瘍性大腸炎やクローン病との関係です。詳しいこと知らべると、過敏性腸症候群の方はクローン病発症の原因菌と考えられてきたヨーネ菌の感染率が同程度高いことなど腸管粘膜免疫の観点からは酷似した発症機序も部分的には認められていることもあり、何等かの関係性があるのではないか?と考えられています。そのため、過敏性腸症候群は早い段階できちんと治療した方がよいと考えられます。

起立性調節障害

学童・思春期の子供達にはっきりした原因がなく認められる症状で、朝おきられない、めまい、動悸、頭痛などの症状がみられます。頭部と足部の血圧差は横になっているときあまり多きな差がありませんが、立っているときではかなり大きな血圧差があります。通常は、反射性の下肢血管収縮により、自律神経によって脳循環障害がおこらないように調節していますが、ストレスなどによりこの調節が上手くいかなくなってしまった場合に起こると考えられています。

自律神経失調症状の症例

≪頭痛 高校生 25回≫

【症  状】
1週間、部活を休むほどの頭痛が続いた。1週間休んだ後、部活に出れるようになったが、頭痛や頭重がなくなることはなかった。日によって頭痛の回数や強さなどに波があり、入眠に時間がかかることもあった。全く眠れないわけではなく、頭痛の原因も思いあたらない。また、部活を再開したころから下痢が数日続いていた。内科を受診し、自律神経失調症と診断され、処方された内服薬を服用しても改善がみられないため来院された。

【治  療】
初回の後、頭痛回数は少し減少したが、この後、すぐテスト期間となり、この期間は頭痛の回数や強さが増強することもあった。しかし、テストが終了すると頭痛は減少していく。
3回目以降の治療間隔を短くし継続。頭痛・頭重ともに徐々に軽減されていった。約2ヶ月継続し、初回の1/3程度に軽減したためさらに治療間隔を空けて様子を見ることとした。長期休み明けで学校が始まるまで様子をみたが、休み明けの学校生活(部活含む)に支障なく過ごせていたため終了とした。
終了して5ヶ月後、ご家族の方から頭痛が出ることもなく日々頑張れているとご連絡を受けた。

頭重・ほてり感 70代後半 6回

【症  状】
最初に頭重を感じ、その3日後から顔がほてるようになった。頭重を感じた日、病院を受診し、点滴を受けるが効果なく、夕方からは頭重が強くなった。筋肉緩和薬や安定剤、睡眠導入剤、血圧降下剤を服用中であるが、症状が改善しないため症状出現2週間後に来院された。
【治  療】
初回の後から内服薬服用ではみられなかった症状に動きがでてきた。2回目の後までは良かったり悪かったりという状態が続いたが、3回目の後から症状が全く気にならない日も出てくるようになり、その後の治療で症状はほとんど出なくなった。
間隔を少し開けて経過観察を行ったが、症状は出ていなかったため終了とした。

≪過敏性腸症候群、起立性調節障害≫

勤務時代にどちらの症状の方も治療させていただいたことがあります。効果がでなかった訳ではありませんが、自分で納得できる効果が得られたと自信を持っていえるほどではありません。
 今後、ここをご覧になれたうえで当院を選んでいただき、機会に恵まれましたら、さらに詳しく勉強して症状の改善に向けて力を尽くします。

関連のスタッフブログ

鍼灸治療で効果を感じた過敏性腸症候群の症状!

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0986-36-7121 〈受付時間〉10:00〜19:00 〈定休日〉木曜日

PAGETOP
Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.