公開からずっと見たいと思っていた
「美女と野獣(4DX3D版吹替)」を
シネマサンシャイン姶良に見に行ってきました。



ジェットコースターなどのアトラクションが苦手な私ですが、
4DXにはとても興味があり、いつか体験してみたかったんです。
でも、ワイルドスピードなどを4DXで見るのは怖そうでした。
それに比べて「美女と野獣」は、あまり揺れたりすることもなく
最後まで映画を楽しめるような気がしていたこともあり、
見たい!という気持ちが日に日に強くなってしまいました。
初めて1人で映画館に行くこと、何十年ぶりに映画館に行くことなど
それらも加わり、かなりドキドキしながら映画館へ向かいました。



コインロッカーの扉を開ける方法に少し苦戦し、
何とか、荷物をコインロッカーに入れ、
美女と野獣が放映されるシアターに入って、椅子に座り、
初めて体験することに期待と不安が混ざり、
ドキドキしながら、でも、冷静に待ちました。
映画館の注意事項や映画の予告が流れた後に
4DXの体験版みたいな映像が予告なしで始まって
美女と野獣がすぐに始まると思って悠長にかまえていた私は、
あまりの椅子の揺れに椅子から落ちないよう、
椅子の肘当てを強くにぎり、心臓がバクバクして、
こんなに揺れたら、2時間も耐えられない!
こんな感じだったら途中で退席しないといけなくなるかも!とまで考えてしまいました。
でも、アトラクションが好きな方にとってはかなり楽しめるのかもしれません。



その体験版が1分程度だったと思いますが、終了し、美女と野獣が始まりました。



始まったとたん、画面がすぐ目の前に広がっているような感じになり、
椅子がいろんな方向に揺れたり、ミストがかかったり、
香りがしたり(この香りは1種類で、私はあまり好きな香りではありませんでした)
風を感じたり、足元に風がシュッとかかって足が反射的に動いたり、
目の前に何かが飛んでくる感じがして、目を閉じたり
雷などが鳴るときは、座席の横が光ったりと常に何等かの動きがありました。
今回は、吹替でしたが、
3Dや4DXでなくてもいつか字幕の「美女と野獣」を見たい!
と上映終了直後に感じたくらい、
私は映画の内容も楽しかったし、感動しました。
映画館が近くにないので、大画面で見ることはなかなか難しいかもしれませんが、
DVDででも見てみたいと思っています。
今から、DVDの発売がとても楽しみです。