「HPのスタッフのイラストを実際の写真にしてもいいんじゃないですか?」



この間、来られた方に言われました。



当院のHPをアップしたばかりのとき
当院のHPを見て下さった京都府にお住まいの鍼灸師の先生に
「私的には、似顔絵じゃなくて写真にしてほしい!かな?」
と言われたことをこの時に思い出しました。



私もイラストではなく、実写にしたほうがいいのかな?とは考えたりもしていたので
試しに、この数日間で自撮りを何度も試してみました。



「カシャッ」
「う~ん?」……削除
「カシャッ」
「う~ん?」……削除



『駄目じゃん。こんなんじゃ、誰も来てくれない⤵⤵⤵』
というのが写真を撮った私の感想です。



私は、むかしっから写真が好きではありません。
とにかく写真の中の私はとってむ見られる顔ではありません。
だから、いつもカメラを向けられると逃げてきました。



それって、自意識過剰なんじゃない?と思われるかもしれませんが、
昔、昔(20年くらい前のことですが)
都城市内の病院に医療事務で勤務していたころの話になります。
入院中の患者さんが病院のベランダで写真を撮って下さったことがありました。
そのときの写真を母に見せたところ、変顔してるわけでもないのに
母、「これは誰?」
私、「私だよ。」
という会話を交わしたことがあります。
写真には、数人映っていたのではなく、私、一人しか映っていなかったんですけど・・・
毎日私の顔を見ていた実の母も分からないほど、ギャップがあったみたいです。



でも、いつか、きちんとHPに写真をアップしたいと思っています。
気長にお待ちいただけると嬉しいです。