昨日、鹿児島市内の柔道整復師(整骨院)が不正請求で行政措置をうけました。
いわゆる保険を使って治療してくれると思われているところです。


今まで整骨院の不正請求で逮捕されたりしていたのは
私が記憶するかぎりでは、治療していない人に治療したとか
治療日数を水増しして不正請求が行われた場合がほとんどだったと思います。
しかし、今回は【肩こり】の治療を行い、
レセプトを偽装して保険請求したものに対しての行政措置でした。

基本的にどこの整骨院でも健康保険を使って【肩こり】の治療はできません。


以前、当院に来られた方から
「【肩こり】では整骨院にはいけません。行くのを止めてください。」と
ある機関から連絡があった。というお話しをお聞きしたことがあります。
以前は、整骨院が各健康組合等に提出するレセプトから「肩こり」の治療なのか?
捻挫や脱臼などなのか?を判断するのは難しいと私は思っていました。
でも、ここまで調べられるようになっているのですね。


治療代は安いにこしたことはないけれど
私達は、整骨院で治療を受ける場合、気をつけなければいけないのかもしれません。
もしかすると、知らないうちに整骨院の不正請求を手伝ってしまっている。
なんてことも・・・あるのかもしれません。


今後、肩こりだけでなく
「膝痛」「腰痛」などの不正請求も
整骨院・柔道整復師が治療できる範囲を逸脱した場合、行政措置がとられる!
なんてことがあるかもしれませんね。