はり師・きゅう師・マッサージ師の国家資格を取得し
地元の病院ではり師・きゅう師・マッサージ師として働き始めた私でしたが、
長距離選手のケアに携わりたい気持ちと
はり師・きゅう師としてもっと学びたいという気持ちが
日に日に高くなっていきます。
そこで、実業団時代に住んでいた京都市内の鍼灸院で働くことを決め、
鹿児島から京都に向かいました。

勤務する予定の鍼灸院の院長から
勤務日までにカリエの痛みシリーズのうちの腰痛症など
3種類の本を読んでくるよう課題がだされました。
勤務している3年8か月間は結構怒られました。
勉強や技術だけでなく、様々な内容で怒られました。
そして、働いていたこの間、
腰痛や頸・肩の痛み、膝痛などの運動器疾患の勉強や
突発性難聴、不妊治療、過敏性腸症候群なども勉強させていただき
治療もさせていただきました。
その他にも妊娠中の咳喘息の治療や頭痛、パニック障害の治療など
様々な経験をさせていただきました。

それと同時に、京都に拠点をおいている実業団(長距離選手)で治療をさせていただきました。
治療は、故障して練習に参加できない選手のみでした。
望んでいた専属トレーナーになることは叶いませんでしたが
このチームに治療に行くことにより様々な経験をし
その後、開業に向けて準備をすることになります。