私は、妊娠を望むご夫婦に早く妊娠してほしくて
そのお手伝いがしたいと思い
いろんな勉強をして知識を増やしてきましたが
お医者さんのされている治療に
あまり疑問を持つことはありませんでした



しかし、疑問に思うことが最近増え
ネットなどでそれについて調べることが多くなり、
調べれば調べるほど頭が混乱してきています



今、一番、疑問に思っていることはホルモン補充についてです



子供を授かりたいけど、なかなか授かれないとか
年齢的に行ったほうがいいかな?などと考えて
有名な不妊治療の病院を受診される方も多いと思います
そうすると、様々なホルモン検査や卵管や子宮などの検査をされ
そこで、何かしらの問題がある場合はきちんと説明されます
しかし、何ら問題のない方についての説明はどうなのでしょうか
きちんと説明されている病院がこの都城近郊にどれくらいあるのでしょうか



病院に通院されている方とお話ししていて驚くことがあります
不妊と定義されている期間も経過していないので
タイミングの時期だけ教えてほしかっただけなのに
1回目から排卵誘発剤が出るケースがあったり
初回から内服薬によりかなりの副作用が出ており
それをお医者さんに伝えているにも関わらず
内服薬が処方され続けるケースなどです
これらは、最初の検査で何ら異常のない方々で
ホルモン値についても全く問題のない方々でした
その方法で数回のうちに希望が叶えられているのであれば問題はありません
または、内服薬が必要な理由をきちんと説明されていて
ご本人が納得されている状態であれば何も問題はないのです
でも、きちんとした説明がないため
内服薬が処方されることに疑問を持たれている方が少なくありません
こんなことが続くと私もホルモン補充について疑問を持ってしまいます



本当にこの方に内服薬が必要なのだろうか?
何の問題もないのに内服薬で女性ホルモンの
フィードバック機能をストップさせる必要があるのだろうか?
最初の数回でもいいので、
その方の本来の状態を見てからでもいいのではないだろうか?
内服薬を服用することで卵巣や下垂体などに悪い影響はないのだろうか?
本当にホルモン補充で卵子の質が向上するのだろうか?
ネットで色々と読みましたが、
私はこの思いを払拭することができず混乱が増してしまっています



ただ、ホルモン補充が必要な方もいらっしゃいます
今まででホルモン補充をされていた方は何等かの理由があって
それを解決するためにホルモン補充を行っていたので
迷ったり、疑問に思ったりすることはありませんでした



病院で行う不妊治療にどんなメリットがあるのか?
病院で行う不妊治療にどんなデメリットがあるのか?
自分で内容を整理するまでは頭が混乱し続けるかもしれないけれど
色んな方法で情報を集め、きちんと整理し
メリット・デメリットを把握する必要があり
病院で不妊治療をされる方々は
それを知る必要があるのではないか?と思います



以前、不妊治療をされていたある方のお話しです
お医者さんから治療の最初ではなく、
治療を開始後しばらくしてから
卵巣の機能が低下していると言われていた方がいらっしゃいます
高齢でホルモン補充を行って体外受精を何度行っても妊娠に至らなかったのに
不妊治療をしばらくお休みすると決め、通院も止めて
ホルモン補充を全くしなくなってから自然妊娠をされました
卵巣の機能が低下しているということは
卵巣から女性ホルモンを分泌する機能が低下しているということになりますが
もしかすると、この方に関してはホルモン補充で卵巣が疲れたために
機能が低下したとも考えられるのではないでしょうか



だからお医者さんに説明を求めてほしいと思います
説明を嫌がれたり、嫌みを言われたりするお医者さんもいらっしゃると思いますが
それを怠るお医者さんは腕のいい先生でも私だったらあまり信用できません
いい病院は培養士で選ぶといい!という意見もありますが
それは、体外受精が必要な場合だけだと思います
ただ、都城近郊では東京や大阪に比べて病院数が少ないので
病院の選択肢が少ないのも現状です
なかなか難しいところもありますが
少なくとも質問に対してお医者さんご自身が
分かりやすく説明しようとする姿勢のある病院がいいのでは?私は思っています
そして、ホルモン補充や治療のステップアップなどをされる場合は
納得したうえで治療をすすめてほしいと思います