私が京都の鍼灸院で不妊治療に携わり始めたばかりの頃は
日本では結婚されてから「2年」赤ちゃんに出会えなければ
『不妊症』と診断されると学びました(この当時も欧米は1年でした)
それが、今は日本でもいつしか「1年」と変わっています
そして、ここ宮崎県(都城市含む)・鹿児島県(曽於市含む)でも
鍼灸による不妊症の治療をうたっている鍼灸治療院がとても増えてきました。
それらの鍼灸院のHPを検索していて
こんな質問をしている投稿サイトを見つけました



「子供ができなくて1年になるから不妊症とは言えないのかもしれませんが、
鍼をしてみたいと思っています。鍼治療で妊娠した人いますか?」というサイトを
昨日、偶然みつけたので、気になって少し読んでみました。



それに解答した人の中に
「今、妊娠中だけど、鍼で妊娠できたとは思っていません。
鍼と漢方を併用していたので、
お金がかかりどっちも途中で止めました。
鍼は毎回痛いし、内出血で毎回青くなるし、
お医者さんには鍼は効かないからしない方がいいって言われました。
妊娠に至ったのは、ストレスへの対策が上手くいったから」
そんな内容のことが書かれていました。



ここで、私が耳にしたことや体験談を!

 

私が働いていた鍼灸院の院長は、
自院に不妊症の鍼灸治療に来られていて
妊娠された方のデータを数年かけて集め、
まとめたものを持ち、高度不妊医療施設のドクター(院長)に
自分からアポを取り提携の交渉をされたことがありました。
その施設のドクター(院長)から
その時か、その後だったか覚えていませんが、
「鍼治療は信用していない。けど、このデータを見てあなたは信用します。」
と言われたことがある。と聞いたことがあります。



確かに、日本のドクターは、
鍼灸や東洋医学について医大で勉強することがありません。
もし授業を行っている医大があったとしてもかなり短い時間です。
だから病院内で鍼灸を取り入れている施設でも
ドクターが鍼灸の効果を信用している人は少ないです。
ましてやかなり進んでいる生殖医療で妊娠できないのに
体表にただ鍼や灸で刺激を与える治療で効果があるはずない!
と考えられていたとしてもそれは仕方がないと思います。
私も「先生(ドクター)に話したほうがいいですか?」と患者さんに聞かれても
「先生にいうと反対されるから言わない方がいいですよ。」と答えてしまいます。
これは、不妊症だけでなく、
難聴やめまいなど、どの症状でも同じだと思います。
悲しいですけど、これが現実です。



私は数ヶ所の病院施設内で鍼灸治療を行ってきましたが、
「鍼は客寄せみたいなものだから」と言われた病院
院長先生は鍼灸を信頼されていてもその他のドクターからは全く信用されてなかった病院
ドクターには信用ないけれど、患者さんに必要だからと採用されていた病院
同じ病院内でもドクター一人一人によって鍼灸治療に対する考え方は違います。
ドクターに理解してもらうには、かなりの労力が必要だと思います。



不妊治療で鍼灸に来られる総人数に対して
年齢や鍼との併用期間なども考慮いなければいけませんが、
妊娠される方の割合が高く
妊娠されない方が少ないと感じています。
私が治療させていただいた方の統計をとっていないので
はっきりした数字を出すことはできませんが、
いつか、自院における統計を出せるようにしたいと思っています。



妊娠するためにとても頑張られていて
高度医療と鍼灸を併用され
そのとき考えられる最善を尽くしても
残念で悲しいことですが、
妊娠されない方がいらっしゃるのも事実です。
また、これは鍼灸の効果とは言えないかも?と思う時もあります。



初めて鍼灸のことに興味を持たれる方の中には
どの鍼灸師が治療しても効果は同じでは?
と思われてる方も多いかもしれませんが、
治療を担当してくれる鍼灸師によって治療の方法は異なることが多いです。
そのため効果にも違いがあると私は考えています。



昨日のサイトに書かれているように
鍼による痛みや内出血が治療の中で絶対ないとは言えませんが、
どの鍼灸師も毎回痛く、毎回内出血をする。ということはないと思います。



どの鍼灸師と縁を結ぼうと思うか?によって
良い治療を受けられるかどうかが決まってきます。
どこを選んだか?によって、
結果は大きく変わると思います。

また、迷いがあるときは今は動くタイミングではないのかもしれません。
考えをまとめる時間にしてみるのもいいかもしれませんね。