ここ数週間?数か月?ホームページの「不妊治療について」を更新したいと思い
「不妊治療について」様々ことを考えています。
でも、いつもどんな内容にするか考えがまとまらずフリーズして
向き合って考えることから逃げてしまって
今まで不妊治療させていただいた皆さんに思いをはせています。

私が不妊治療の方と初めて鍼灸治療で関わったのは
京都で勤務していた鍼灸院で退職された鍼灸師の先輩から引き継いだ方でした。
その方は、すでに妊娠判定が出ていたか?判定待ちか?
どちらかだったと思います。
その後の鍼灸治療は、流産予防のための鍼灸治療を10週か12週まで継続することでした。
自分にできるのか不安で自信もなくて、とても怖かったのを思い出します。
緊張しすぎて上手く話しもできませんでしたから
流産予防の治療が終了したときは、
その方が流産されず妊娠を維持できたことの安堵感は何とも言えませんでした。

不妊治療については
日本産婦人科学会とか不妊治療を行っている病院
または、不妊治療に力を入れている鍼灸院などのホームページで
西洋医学的な部分に関しても
東洋医学的な部分に関しても詳しく説明されています。
それらのホームページを見て思ったことは
私が作成するホームページに同じ内容が必要なのだろうか?ということでした。
そんなことを考えて余計に考えがまとまらなくなっています。
今さらながら、様々なホームページを見てしまったことを悔やんでしまっています。

どんな内容にするのか?考えて
「これだ!」っていうものが作成できたらいいな。と思っています。