妊婦の血液からダウン症など 3種類の染色体異常を調べる
「新型出世前診断」の臨床研究を実施している病院グループが16日
導入から 3年間で計3万615人が検査を受け、1.8%に当たる 547人が
陽性と判断されたと発表した。とYahooニュースで読みました。


集計によると、陽性と判断され 547人中、 458人が羊水検査を受け89人は羊水検査を受けなかったこと。
羊水検査を受けた 458人のうち91%に当たる 417人が染色体異常と診断されたとのこと。
染色体異常と診断された 417人中の94%に当たる 394人が人工中絶を選択したとのこと。
また、羊水検査を受けなかった89人のうち13人は研究から離脱し、
人工妊娠中絶を選択したケースが含まれるとのこと。
羊水検査を受けなかった残りの76人の多くは死産だとみられるとのこと。
なども記事になっていました。


このニュースを読んで、女性としても
また、不妊治療を勉強した人間としてもかなり複雑な気持ちです。


新型出世前検査で羊水検査陽性と判断された人のうち
何の障害もなくこの世に生をうけた赤ちゃんは全くいなのでしょうか?など
疑問に思うこともいくつか出てきました。


羊水は卵膜からでて、その羊水を胎児が飲み
飲んだ羊水をおしっこのように胎児が出すことを繰り返してお腹の中で循環させてるみたいです。
その羊水の中に胎児がおしっこのように出した水みたいなものと一緒に細胞も含まれています。
その細胞の染色体を検査して診断されているのが新型出生前検査のようです。


流産の多くの原因は、染色体異常が関与しているとも言われ
流産しない場合に胎児となります。
染色体異常している場合、何をしても異常を正常に変えることは難しいと言われていて
染色体異常をおこすのは、精子と卵子が受精するときの減数分裂が上手くいかなかったり
受精の段階で異変が起こったりして染色体の数に異常が起きると考えられているようです。


35歳以上の女性に染色体異常が発生する確率が高くなることから年齢が注目されていますが、
35歳以上でも40歳以上でも染色体異常が発生していない方もいらっしゃいます。
女性は、卵子が年齢と同じ年齢なので男性より年齢的な部分を論議されることも多く、
また、女性の体内で起こっていることのなので女性に注目が集まりやすいのかもしれません。
ですが、男性の精子も老化について研究があり、
その老化が原因で染色体異常がおきている場合もあると言われています。

では、染色体異常を防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?
生活習慣の乱れや大量の飲酒・喫煙、過度のストレスといったものが
精子や卵子の老化を早めることが知られていてます。
精子や卵子の老化が染色体異常の発生率を高めるため、
今は、精子も卵子も老化させないようにどうするか?が大切だと言われています。
その方法として、はり(鍼)師・きゅう(灸)師である私としては
リラックス効果だけでなく、様々な効果が期待できる鍼灸治療をおすすめしたいですが、
女性としては、簡単で安価な方法で卵子を老化させない方法や
染色体異常が予防できる方法が見つかれば嬉しいと思っています。


私は、自分でどうすることもできない内容で
心を痛める女性がいることは同じ女性としてやはり辛いですし、
今回、人工妊娠中絶を選択したご夫婦の皆さんが
どんな気持ちでそのことを選択したかと考えると
私が想像できないくらい辛かったのではないか?と思い
何とも言えない気持ちになってしまいます。
その選択に賛否両論あると思いますが、
私は、不妊治療をされている方々の望みが叶ったときの笑顔を知っています。
悲しい顔は見たくないです。