宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊(妊活)治療・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

子宮因子について

子宮内膜症や子宮筋腫などの変化が子宮に起こった場合でも不妊症の原因になる場合もあります。それらについて不妊症との関係を簡単にご紹介いたします。

1.子宮筋腫

  • 粘膜下筋腫 
    子宮内空に突出し、子宮内空を変形させるため妊娠の障害になることが多い。
  • 漿膜下筋腫
    子宮から宮から外に突出し子宮内空が変形しないため妊娠の障害になりにくい。
  • 筋層内筋腫
    子宮筋腫の大部分を占める。
    妊娠を障害するかどうか?は、子宮内空が変形してるかどうか?が問題となります。

子宮筋腫は着床障害との関連性が高いですが精子が卵子へ到達することを妨げたりすることも原因になることもあります。また、子宮筋腫による症状(過多月経や月経困難症など)が強い場合は妊娠の障害となっている可能性が高い場合もありますので病院での検査をおすすめいたします。

2.子宮内膜症

要因のひとつとして挙げられていますが、子宮内膜症では絶対妊娠できないということではありません。また、詳しいこともほとんど解明されていません。ただ、子宮内膜症で考えられるのは着床障害ですが、それ以外にも子宮の血流障害や卵管圧迫などを起こすことが考えられています。
子宮内膜症を長期間放置すると、骨盤内での癒着が強くなり骨盤内臓器の可動域がなくなる『凍結骨盤』になることがあります。『凍結骨盤』は不妊の要因になることがあるため、月経時の下腹部痛や腰痛などが徐々に痛みが強くなり、痛み止めなどの薬を使っても効果がない!または、使用頻度が増している場合などは放置されないことをお薦めいたします。

3.子宮奇形

要因になる場合とならない場合があります。

4.その他

子宮空内ポリープ → 着床障害を引き起こすことがあります。
アッシャーマン症候群 → 子宮空内の癒着により無月経や月経量の減少する状態で着床に影響を与えることがあります。                                         

PAGETOP
Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.