宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊(妊活)治療・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

免疫因子について

女性の身体にとって、精子は存在しないものであり基本的には異物となります。しかし、妊娠できる身体の状態の時は精子が子宮や卵管内に入ってこれるように免疫学的寛容(異物を見逃す)が働くと言われていますが、何等かの原因によりこの免疫機構が崩れてしまった場合に精子に障害を与える抗体や精子の運動を停止させてしまう抗体などを産生してしまうことがあります。これにより精子の卵管到達や受精に影響を与えてしまう場合があります。

PAGETOP
Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.