宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊(妊活)治療・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

卵管因子について

卵管は妊娠の成立に重要な役割を果たしています。

臨床検査で把握できること
 卵子・精子・胚が通過できるだけのスペースがあるかどうか?                            (卵管内空の閉塞・癒着、卵管周囲との癒着)

臨床検査で把握できないこと
 卵子のピックアップ障害、受精する場、胚が成長する場所があるかどうか? 

これらの臨床検査で把握できること把握できないことのうち1つでも障害されると妊娠を成立させることができない場合があります。卵管内部の閉塞や卵管周囲との癒着は、開腹手術における癒着や骨盤内感染、子宮内膜症による癒着などさまざまあります。卵管閉塞および卵管周囲の癒着は、クラミジア感染によるものも多く感染しても無症状のことが大多数で感染に気がつかないこともあり、知らないうちに癒着が進行してしまう場合があります。

PAGETOP
Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.