宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊(妊活)治療・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

不妊(妊活)鍼灸の効果


妊症に鍼灸治療が有効であるとNIH(米国 国立衛生研究所)の見解として発表されていて、鍼灸治療後の移植で妊娠・出産率に明らかな変化があります。という研究結果が多数発表されています。

 

ただ、卵管閉塞や子宮筋腫などあきらかな器質的変化が不妊の原因になっている場合、その器質的な変化に対して鍼灸治療の効果はあまり期待できません。効果が期待できるのは機能的な不妊に対する鍼灸治療です。また、チョコレート嚢腫や多嚢胞性卵巣症候群などの器質的変化がある場合でも、鍼灸治療を加えることで妊娠に繋がる方もいらっしゃいます。

鍼灸治療を受けようと決めたきっかけ

  • 体外受精へのステップアップの提案があった場合(体外受精のリスク
  • 子宮内膜症などの診断を受けられた場合
  • 体外受精でも受精しない場合
  • 受精卵のグレードがよくない場合
  • 採卵ができない場合
  • 体外受精で移植しても着床しない場合
  • ホルモン剤等をできる限り少なくして自然妊娠に近い状態を望まれる場合など

治療を行う目的

どうすれば、卵子に妊孕性を持たせることができるのか?ということを考えて治療をしていますが、妊孕性を持つ卵子とは、どのような卵子なのかよく分かっていません。そして、子宮内膜の環境を良くすることや女性ホルモンの分泌が正常であることなども妊活には大切です。それらのことを含め、今、できることは、骨盤内空の血流促進や体質改善などによって本来、人が持っている力を正常な状態に戻すことだと考え、それらを目的に治療を行っています。

期待できる効果

  1. 女性ホルモン分泌指令系統の機能回復
  2. 男性ホルモン活性化の防止
  3. 免疫力低下の防止
  4. ストレスホルモン分泌によるドーパミンなどの分泌抑制による高プロラクチン血症や卵胞の異常形態防止
  5. 卵巣や子宮の機能低下の改善
  6. 卵子の老化の防止
  7. ストレスによるおこる筋肉や血管の収縮を改善
  8. 栄養素、ホルモンなどの運搬量低下の改善 など

鍼の刺激と脳の関係

鍼刺激は、脳波学的研究や脳内モノアミンに関する基礎研究になどよりリラクゼーション効果があるといわれています。それは、鍼刺激時に、リラックス時に観測される脳波が観測されるからです。脳には、緊張しているときに活動的になっている部分があります。その部分を鍼刺激で鎮静化させ、リラクゼーション効果を得ると考えられています。

鍼の刺激による神経伝達物質への影響

リラクゼーションには、精神安定や心の落ち着きに関与するセロトニンや快感などに関与するドーパミンなどの神経伝達物質の関与も欠かすことはできません。

・鍼の刺激によりセロトニンの分泌増加
・鍼の刺激によるリラックス効果によるドーパミンの分泌増加
・鍼の刺激によるストレスホルモン伝達の抑制

不妊治療中は、ストレスとの闘いでもあり、特に不安な気持ちからイライラしたり、落ち込んだりされることも多いと思います。これらの不安を少しでも取り除いて心を軽くしていただく方法としても鍼灸治療は効果的な方法の1つだと考えられます。

当院における妊娠率

開業して、妊活の治療を開始してから約3年が経ちました。この3年間で、妊活のためにお越しになられた方の治療開始後実績について数値化いたしました。

妊娠率 55.6%(うち自然妊娠 80%)

鍼灸治療にて妊活を開始してから妊娠され、鍼治療を卒業されるまでの期間は平均して約5ヶ月でした。
(AMH値、年齢、排卵誘発剤の使用期間や使用量、鍼灸治療開始時期などにより治療期間や効果に違いがあります。)

京都での実績に関しては、把握をしていないため、今回は含まれていません。

関連スタッフブログ 

鍼治療開始後にAMH値(子宮年齢が若返る)が高くなる変化
妊活における自律神経と卵巣との関係

症例をご覧になりたい方はこちらをクリック ↓ 

PAGETOP
Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.