不妊治療

不妊治療や妊活という言葉を耳にする機会が増えました。原因も年齢も状況もご夫婦によって異なることが多いですが、皆さん、自分でできることがないか?探されていたり、他の妊活中の方から鍼灸のお話しを聞かれたりして、好きなものを我慢されたり、不妊治療によいと言われる飲み物やサプリメントを飲んでいらっしゃりと頑張っていらっしゃる方がとても多いです。

不妊の因子には、内膜の環境、ホルモン分泌、免疫など要素はたくさんありますが、その中でも最も卵子と精子が大切だと当院では考えています。卵子と精子が受精し、分割して最終的に胚盤胞になった受精卵の状態が良くなければ、内膜の状態などがどんなに良くても着床不全や流産などの原因にもなってしまいます。
そこで、まず、不妊や妊娠の基本的な内容をご紹介いたいます。


妊娠の条件

≪男性の場合≫
 性機能障害がないこと
 精子が有効であること(運動率など)
(精子は運動率など問題ない場合でも精子の質が悪い場合もある)

≪女性の場合≫
 頸管粘液の月経周期による変化が正常であること
 成熟した卵子が作られること
 排卵されること
 排卵された卵子が卵管采にとりこまれること(ピックアップ)
 卵管膨大部で受精すること
 排卵後、卵胞に血液が充満し黄体が形成されること
 胚盤胞で内膜に着床すること など

不妊の定義

健康なご夫婦が避妊せず、1年以上妊娠しない場合「不妊」状態にある。とされています。ただ、その状態であるということだけで病気ではありません。

不妊因子

原因とされる不妊因子には≪内分泌・排卵因子≫≪卵管因子≫≪子宮因子≫≪頸管因子≫≪免疫因子≫≪機能性不妊(原因不明)≫ などがあります。現在、以前は不妊の原因としては考えられていなかったビタミンD不足や子宮内フローラの状態なども不妊の原因ではないか?と言われ始め、これらの検査を積極的に行うところも増えてきました。また、欧米では、甲状腺ホルモンの関与が注目されていて、内科的には問題ない数値でも不妊治療を行う場合は治療が必要かもしれない。と不妊治療を行う際の甲状腺ホルモンの基準値を見直す動きもあります。その他も免疫機能の関与なども分かってきています。

さまざまな検査により明確な因子が発見された場合は、その治療を行うことで不妊因子はなくなります。ただ、検査により因子を見つけることができなかった機能性不妊(原因不明)と発見された因子は取り除けたのに妊娠に繋がらない場合などは、その原因因子は特定することは難しくなります。

※当院は、女性専門の治療院なので女性中心の内容にさせていただきました。ただ、不妊因子には、男性側に原因がある場合が約半分くらいある。ともされているので、男性も検査をされることをおすすめいたします。

妊娠・出産は!

妊娠すること、出産することは、お母さんが知らない間に身体のさまざまな機能をフルに働かせて、いくつもの困難を何度も乗り越えなければいけません。その道のりは、小さな目に見えない細胞たちにとってはほど遠い道のりとなります。だからこそ、尊く本当に凄いことなのだと私は思います。
そして、「授かる」という言葉を使う理由が理解できる気がします。