宮崎県都城市の鍼灸治療院【不妊(妊活)治療・月経困難症・突発性難聴・顔面神経麻痺など)】

コアコンディショニング

  • HOME »
  • コアコンディショニング

コアコンディショニングとは、姿勢や動きの要であるコア(体幹)の機能を発育発達過程にそって再学習していくプログラムのことです。『コアリラクゼーション』『コアスタビライゼーション』『コアコーディネーション』の3つのステージがあります。
コアコンディショニングは十分にかくとできなかった機能や忘れかけた機能をもう一度獲得し、パフォーマンスアップや不定愁訴を改善する人の本質に沿って作られた人の可能性を引き出すエクササイズです。

≪コアリラクゼーション≫(リアライメント)

コアリラクゼーションは赤ちゃんがお母さんの羊水に浮いて、重力の影響を極力受けずにリラックスした状態でお母さんの姿勢や動きに身を任せ、ゆらゆらと動いています。ストレッチポールに乗ると頭、背中、お尻(仙骨)だけがストレッチポールに接し、重力に身を任せ、ゆらゆら揺れる、もしくは手足を動かし体幹部が揺らされ『重力から体を開放する』という極力重力を受けずにリラックスしたお母さんのお腹の中の赤ちゃんの状態を再現して、赤ちゃんのように歪みのない状態に戻すことが目的です。

≪コアスタビライゼーション≫(リセット)

コアスタビライゼーションは『インナーユニット』と呼ばれるコアの深層筋を活性化させます。インナーユニットは、背骨を支え、姿勢を体の奥から支えてくれる筋肉です。この筋肉は呼吸によって働く筋肉です。赤ちゃんは大きな声で泣いてしっかり呼吸することでコアの筋肉を鍛え、泣くことを繰り返しながら、ハイハイや寝返りができる四肢の動きに負けないようなコアの強さ作ることが目的です。

≪コアコーディネーション≫(ボディコントロール)

コーディネーションとは協調性という意味があります。コアの協調性を高め理にかなった動きを獲得していきます。泣くことでコアが鍛えられてきたら、次に動きの中で上手にコアを使うことを覚えていきます。寝返り(体を一本の軸として回る)、うつ伏せ(背中を反る動作で背中や肩周りを鍛える)、ハイハイ(コアをうまく曲げ伸ばし前に進む)、四つ這い(肩関節、股関節でしっかり体重を受ける)、お座り(背骨や骨盤でしっかりと体を支える)
このようにコアと全身を協調させ動きをつくるのが目的です。

当院ではストレッチポールを使ったコアコンディショニングとスイングストレッチを使ったコアコンディショニングが行えます。

【ストレッチポール】



ベーシックセブンエクササイズ


ストレッチポールを使用して行う『ベーシックセブン』は、最初、肩・腰・背中をセルフケアするアスリート向けエクササイズとして開発されました。現在は、リラクゼーション効果の高さやポールの上に寝ているだけで心地よい体の変化を体感できるという再現性の高さなどがあり、医療現場にも普及しており健康な方からリハビリが必要な方、子供から高齢者まで幅広く普及しています。
ストレッチポールを使用する『ベーシックセブン』は、お母さんのお腹の中の状態を再現したエクササイズです。羊水の浮いている状態の赤ちゃんは重力の影響を極力受けずにリラックスした状態です。それと同じよう状態をストレッチポールのうえに仰臥位で乗り、リラックスした状態で手足を動かし、ゆらゆらとした動きにより緊張した筋肉を緩め、アライメント(骨の配列)を整え赤ちゃんが生まれたときのように歪みのない状態に戻すことを目的としているのがコアリラクゼーションです。

ストレッチポールを使って行うエクササイズは他にペルコンとソラコンが行えます。

≪ペルコン≫

ストレッチポールを使用して行う『ペルコン』は、骨盤のアライメントと股関節の可動域の対称化を目的としています。コアリラクゼーションとコアスタビライゼーションの要素が入ったエクササイズです。
骨盤・股関節の左右対称化、インナーユニットの機能改善、骨盤安定化を目的としています。

≪ソラコン≫

ストレッチポールを使用して行う『ソラコン』は、胸郭のリアライメント、胸郭・胸椎の可動域拡大を目的としたエクササイズです。胸郭の左右対称化、胸郭可動域の対称化、インナーユニットの機能改善を目的としています。行った後、胸がしっかり開いて呼吸がかなり行いやすくなります。

受けられた方の声・・・

行う前と行った後にセルフモニタリングを行っていただきます。様々な声がある中で一番多いのは「背中がベタッと床に着く」ということです。

【スイングストレッチ】



スイングストレッチベーシックエクササイズ

スイングストレッチを使用して行う『スイングストレッチベーシック』は、ゴルファーに対する回旋動作改善を目的として考案されました。現在は、ゴルファーだけでなく、陸上選手、マラソン選手など様々なアスリートに普及しています。特に、即効性と再現性の高さから、ウォーミングアップや日々のコンディショニングに導入されているコアコーディネーションのエクササイズです。

受けられた方の声・・・

行う前と行った後にセルフモニタリングを行っていただきます。「体が安定した」「体を捻りやすくなって後ろをむきやすい」など様々な声が聞かれます。私は、体幹(コア)にしっかり力が入りやすくなったり、臀部(中殿筋)の筋疲労が改善したり、その日のその日の体の状態によって感じ方が変化します。

スイングセミナーを受講後、マラソン用の靴を買いに行って足の計測をされた方の体験談のお知らせがきました。
先天性(生まれつき)脚長差があり右足が左足より 1.5cm短く、日頃から左足に負担がかかっていると感じている方の体験談です。『着地した時の足の着き方が理想に近いもので、さらに左右差もほとんどなかった』とのことです。
体感の変化だけでなく、数値としての変化も結果として現れたということでした。

当院では、一般財団法人 日本コアコンディショング協会の『ベーシックインストラクター』『スイングベーシックインストラクター』 認定を受けたスタッフによるストレッチポールを使用した『ベーシックセブン』『ペルコン』『ソラコン』、スイングストレッチを使用した『スイングストレッチベーシック』などのコアコンディショニングが行えます。

興味をお持ちいただいた方は、ご気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0986-36-7121 〈受付時間〉10:00〜19:00 〈定休日〉木曜日

PAGETOP
Copyright © リンカちりょう院 All Rights Reserved.