不妊とストレス

不妊とストレス

ストレスと不妊の関係は深いと考えられています。不妊治療や妊活にストレスがどのような影響を及ぼす可能性があるのか?また、鍼灸治療でストレスが緩和できるのか?などご紹介いたします。

ストレスとは

ストレス理論では、人生の中で様々な出来事(ストレッサー)に遭遇するが、その遭遇した出来事が自分の対処能力を超えた脅威であると感じる時に、ストレス反応と呼ばれる症状や行動を生じさせます。とあります。
ストレッサーとは、ストレスの原因となる刺激や要求などです。

ストレッサーには強さがあり、強いストレッサーは大きなストレス反応を引き起こします。文部科学省のサイトでは、ストレッサーの種類を次の3つに大別しています。

  • 生活環境ストレッサー
  • 外傷性ストレッサー
  • 心理的ストレッサー

生活環境ストレッサー

生活環境の中から受ける刺激(出来事)のほとんどが生活環境ストレッサーです。
大切な人との離別、喪失は特に強いストレスであり、家族、職場、友人との人間関係や環境の変化も大きなストレッサーになります。

外傷性ストレッサー

地震、災害、事故などその人の生命や存在に影響をおよぼす強い衝撃をもたらす出来事のことを呼びます。以下のようなものが該当します。(生活環境ストレッサーと重なるところも一部あるようです)

  1. 自然災害:地震・火災・火山の噴火・台風・洪水
  2. 社会的不安:テロ事件・暴動など
  3. 生命などの危機に関わる体験:暴力・事故など
  4. 喪失体験:家族・友人の死、大切なの物の喪失

心理的ストレッサー

現実に遭遇していない出来事であっても「~するかもしれない」「~したらどうしよう」と様々に考えるが、この考えがストレッサーとして作用します。
「地震がくるかもしれない」などの否定的な予期や評価が不安や恐怖、緊張といったストレス反応を引き起こします。
困難な状況下では、その状況から抜け出すために誰しもあれこれと考え続けてしまいます。しかし、この思考自体が持続的な心理的ストレッサーとして作用し、ストレス反応が継続することになります。

ストレス反応は、生活環境ストレッサー、外傷性ストレッサー、心理的ストレッサーが全て加算され、複合的に作用し引き起こします。

(文部科学省のサイトより抜粋)

ストレスによる影響を受けやすい自律神経とは

自律神経とは末梢の遠心路として定義したもので、呼吸、循環、栄養、体温、生殖などの自律機能を常時調節し、生体のホメオスターシス(恒常性)の維持に重要な働きをしています。自律神経は心筋、平滑筋臓器、分泌腺に分布しており、中枢は間脳の視床下部で自律神経における反応を全て統括しています。
自律神経には交感神経と副交感神経の2系統に分かれ、多くの場合、1つの器官を交感神経と副交感神経の両方の神経が支配しています。これを二重支配と言い、また、効果器に対する作用は相反的のため、拮抗支配とも言われています。交感神経と副交感神経は絶えず効果器に対して一定のインパルスを送って緊張を維持しており、交感神経と副交感神経の緊張の平衡の上に興奮性が維持されているので、拮抗的二重支配の自律神経では交感神経もしくは副交感神経どちらか一方の緊張の減少は、他方の緊張の増加と同様な効果を現すことになります。(はりきゅう理論より)

ストレスを感じたときの身体の反応

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 492346.jpg

生体にとって有害な出来事に出会った時は、危険から身を守るための心身の防御反応が生じます。身を守るために闘うか逃げるか、どちらの行動をとるににしても心身は、活動するための戦闘態勢を整えることになります。
この戦闘態勢を整えるために、自律神経の中の交感神経が緊張したり、副腎皮質ホルモン(副腎コルチゾール)などを分泌する内分泌系がの活動が活発になります。(科学文部省サイトより)

副腎皮質ホルモン分泌反応

ストレッサーを受け本能と理性が戦う
     ↓
理性が勝つとストレスとなる                   
     ↓
ストレスを感じると脳(視床下部)からストレスを緩和させるホルモン分泌を促すホルモンが分泌される
     ↓
視床下部の指令により下垂体からストレス緩和ホルモン(副腎コルチゾール)が分泌される
     ↓
コルチゾール分泌により身体を臨戦状態にする

自律神経による反応

ストレッサーにより交感神経が優位になると

  • 覚醒水準が高まる
  • 不安感情が起きる
  • 瞳孔が見開く
  • 毛が逆立つ
  • 活動エネルギー供給のため呼吸が速くなる
  • 栄養と酸素を含んだ血液を全身に送るため心拍が速くなる
  • 傷を負ったとき出血を防ぐため末梢の血管が収縮し、手足が冷たくなる
  • 消化器系の活動が不要なため、食欲がなくなる
  • 排尿の活動が停止する
  • 生殖器の活動も停止する(生殖器の血管が収縮する)

自律神経は拮抗支配のため、副交感神経が優位の場合、交感神経が優位になった場合と反対の反応が起きる

ストレスと不妊の関係について

ストレスは様々な病気や症状を引き起こすと考えられています。そして、ストレスは不妊にも関係があると考えられています。私もストレスは不妊治療をされているご夫婦にとって大敵だと考えています。
子供から大人まで現代に生きる人達はたくさんのストレスを抱えていらっしゃいます。人間関係・仕事などストレスの無い日は少ないのではないでしょうか。しかし、人の身体はとても繊細でストレスに対してあまり強くありません。そのため、気づかないうちにストレスによる身体への影響は蓄積されていると考えられます。その影響についてを考えていきたいと思います。

ストレスが卵巣や子宮に与える影響

  • 視床下部からの女性ホルモン分泌の指令に支障がでる

視床下部は、心の状態に敏感でストレスや悩みに弱いことが知られています。視床下部には様々な働きがありストレス解消のための司令塔の役割をしています。その他に女性の生理周期をコントロールする司令塔の役割なども担っています。
視床下部は、ストレスが加わった場合、ストレスホルモン分泌を優先させます。それにより女性ホルモン分泌に支障がでる場合があります。

  • 女性ホルモンが低下し、男性ホルモンが活性化する
  • 免疫力の低下。カンジタ膣炎に罹患しやすくなり、菌の増殖が加速する可能性がある。
  • 副腎コルチゾールによりドーパミンやセロニンなどの抑制
  • 副腎コルチゾール分解時に発生する活性酸素による卵子の老化促進
  • 活性酸素により身体機能の低下(卵巣や子宮の機能低下にもつながる)
  • ストレスにより身体が緊張状態となると筋肉や血管が収縮します。このことにより、血流低下による体温低下、また、各臓器への血流量低下により体熱、酸素、栄養素、ホルモン(血液によって各臓器へ運ばれる物質)が本来必要とされる臓器へ届かなくなり、卵巣や子宮の収縮や硬くなることなどによる機能低下やホルモン不足 など

ストレスと高プロラクチン血症

ドーパミンとは、何等かの行動に対して快感を感じさせたり、経験した快感を記憶し再度その快感を得るためのモチベーションを生じさせたりする働きがあります。また、さらに効率よく快感を得るための学習、精度の向上をはかったり、物事への執着、集中力向上や疲労軽減などに対しての働きなどもあります。

その他にドーパミンにはストレスを打ち消す作用があり、様々な働きをしてくれています。そのドーパミンがストレスにより分泌低下がおこると、体内ではドーパミンを分泌できないことがストレスとなり、ストレスを強めてしまう結果となります。

ドーパミンプロラクチンの拮抗物質でもあります。ドーパミンプロラクチンを活性化しないようにする働きをもっているため、ドーパミンが減少するプロラクチンが活性化高プロラクチン血症になる場合があります。

ストレス緩和と不妊

不妊にストレスが関係していることは分かっている。だから『何とかしたい。』『何とかしなきゃ。』と思ってはいるけれど、自分だけでは何ともできないということもあります。また、ストレス解消や緩和のために色々やっているけれど上手くいかない。なんてこともあるかもしれません。そして、いつの間にか気がつかないうちにストレス反応によるさまざま影響が出てしまっていることがあります。
実は、不妊治療や妊活に鍼灸治療を加えることでストレスによる影響を緩和し、ストレス反応により起こっている身体の変化を除ける可能性があります。

ストレスの影響を受けた自律神経

一番最初にストレッサーによるストレス反応について説明させていただいていますが、ここでも少しご紹介していこうと思います。

なぜ、ストレッサーより自律神経が影響を受けるか?
それが、なぜ、不妊治療や妊活をされている皆さんにとって良くないのか?ということに触れていこうと思います。

私達が生活している中で大切なのは、自律神経の交感神経または副交感神経のどちらかが優位になり過ぎてはいけない。ということです。自律神経はこの2つの神経が天秤で平衡に保たれている状態が良いと言われています。
しかし、ストレッサーとなりうる刺激があり過ぎるといつも緊張しておかないといけないので交感神経が優位となっている状態が長く続きます。逆に少なすぎると緊張する必要がないのでやる気のおこりにくい副交感神経が優位の状態が長く続きます。ですから、日常生活の中では、緊張が続くと疲れますし、緊張がないと動くのが嫌になってしまうのでこれらの刺激が適度にあったほうがいいと言えます。但し、大切なのは、そのストレッサーが自分で処理可能な強さなのか?ということです。その処理可能なストレッサーの強さは人によって処理速度も処理能力も異なってきます。もし、自分の処理能力よりもストレッサーが強すぎたり、多すぎたりした場合、その都度、そのストレッサーとなる刺激を減らしたり、取り除いたりしていかないと体の中でストレッサー過剰となり、ストレス反応として交感神経が優位になり、また、ストレスホルモンと呼ばれる副腎皮質コルチコイドが分泌されたりします。どちらも自分の生命を守るために行動するために必要な反応となりますが、これにより体内の様々なところに変調をきたすことになります。

ただ、ストレッサーは、認識できているものと認識できていないものとがあます。自分で注意していても、突然、何等かの形で降りかかってくる場合もあります。自分では回避しようと行動していたり、考えたりしていても避けることが不可能な場合もあります。ですから、日常生活の中でストレスを受けない。ということが難しいことだとも考えられます。

私達が日常生活を送っている中では、ドキドキしたり、イライラしたり、不安になったりと交感神経が優位になってしまうような出来事が多いです。不妊治療や妊活されている皆さんには、この交感神経の優位状態となった原因を取り除いたり、または、原因を取り除くことが難しい場合はストレッサーによるストレス反応の緩和をしてお願いしています。

不妊治療をされている多くの方が不妊治療を開始される前からプレッシャーがストレッサーとなっています。それに加え、不妊治療のため病院を受診し始めたことによりさまざまな多くのストレッサーに遭遇することにもなります。例えば、最初に不妊の原因を調べるために様々な検査が行われます。その検査結果を聞かれるまでの時間、『何か異常が出たらどうしよう。』と不安になった場合、これもストレッサーになります。また、体外受精をされる場合だと採卵時には『採卵できるだろうか。』数日後には、受精確認をしなければいけないので『受精できてなかったら。』など、検査や治療を行うたびにストレッサーにと遭遇することになってしまいます。
また、不妊治療中は不安な気持ちになりやすいので、その解消のためにスマホなどを使って様々な情報を集められる方も多いです。しかし、情報を集めることにより、さらに不安が増してしまうなんてこともあるかもしれません。
そして、だんだん1日の中で不妊治療について考える時間が増え、ストレスがどんどん増していってしまう。なんて可能性もでてきます。

不妊治療や妊活をされている方々にとって交感神経が優位になるということは、子宮や卵巣などの骨盤内空臓器の血流が悪くなってしまうことを意味します。そうすると、卵子や卵胞、子宮内膜などに必要な栄養素、女性ホルモン、酸素、水分など妊娠するために必要なものが届きにくくなります。また、食事に気をつけ、サプリメントなどで不足している成分を補っても消化器の機能が低下している状態なので栄養素を消化・吸収する力も劣り、大腸内に食物が停滞しやすい状況にもなるので便秘しやすかったりもします。大腸に食物が停滞すると大腸で水分と一緒に毒素を体内に取り入れることになってしまいます。その毒素、卵子にとってはできれば避けてほしいもののようなのです。
これだけではありません。不育症などに関係があると考えられている免疫機能にも影響を及ぼしてしまいますし、ストレスを解消するために分泌される物質によって、プロラクチンを抑制できなくなると女性ホルモンの分泌に影響を与え、卵胞が成長しにくくなることもあります。その他に、ストレスを解消するために分泌された物質を分解する際に発生する活性酸素により卵子の老化促進を招いてしまったり、卵巣や子宮などの機能低下を引き起こしたりすることもあります。これらのことからストレスが不妊治療や妊活されている皆さんにとって、検査などでは発見できない不妊因子となっている可能性もあると考えます。

交感神経が優位の状態では、ケガしたときに大量出血を防ぐため末梢の血管は収縮します。ですから、手足が冷えます。それを気にされている方も多いです。でも、当院では、❝ 手足の冷え=不妊 ❞という考えではありません。
手足が冷えていても骨盤内空の血流や消化器の血流など妊娠に必要な働きをしてくれるところにしかっり血流を送って栄養などが届いてくれていることが大切だと思っているからです。実際、霜焼けができるほど手足の血行が悪くても妊娠されていますし、逆に手足はポカポカなのになかなか思うよう妊娠に繋がらない方もいらっしゃいます。

こうやってストレスについて考えてみると意外と厄介です。でも、もし、これらのことが不妊と関係しているのだったら、これらを解消できれば卵子の質が変化し、血流もよくなって妊娠に必要な栄養素やホルモンが卵巣や子宮に届き、内膜も受精卵を受け入れる状態を作ることができます。さらには、免疫機能も良い状態となれば妊娠に繋がりやすい身体へと変わっていくことになります。鍼灸治療もこれらのことが期待できる治療法だと私は思っています。
鍼灸治療がどのような変化をもたらすのかご紹介していきます。

鍼の刺激と脳の関係

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 047830-843x1024.jpg

鍼の刺激は、脳波学的研究や脳内モノアミンに関する基礎研究になどよりリラクゼーション効果があるといわれています。それは、鍼刺激時、リラックス時に観測される脳波が観測されるからです。脳には、緊張しているときに活動的になっている部分があります。その部分を鍼刺激で鎮静化させ、リラクゼーション効果が得られると考えられています。

鍼の刺激による神経伝達物質への影響

リラクゼーションには、精神安定や心の落ち着きに関与するセロトニンや快感などに関与するドーパミンなどの神経伝達物質の関与も欠かすことはできません。

  • 鍼の刺激によるセロトニンの分泌増加
  • 鍼の刺激によるリラックス効果によりドーパミンの分泌増加
  • 鍼の刺激によるストレスホルモン伝達の抑制

ストレス緩和と妊活

ストレスを緩和することができると、妊活にとってはプラスになることが考えられます。それについてご紹介いたします。

不妊治療(妊活)に役立つ鍼灸治療

不妊治療中は、不安や焦りなどといったストレスとの闘いでもあります。
しかし、それらが大きなストレスとなってしまった場合、そのストレスが原因で女性ホルモン分泌調整や卵子の老化、卵巣や子宮への血流などさまざまな弊害を生んでしまう可能性があります。そうすると、病院で治療しても妊娠になかなか結びつかない。サプリメンを飲んだり、嗜好品を我慢したりしているのに妊娠に結びつかない。などの状況にも陥ってしまう可能性もあります。

鍼治療を行うことによって、ストレスの全てを解消することは難しいですが、鍼の刺激により、ストレスのよる妊活にとって悪影響となる一部でも緩和できる可能性は考えられます。それにより、女性ホルモン分泌調整が正常化すること、卵子の老化を防止すること、卵巣や子宮への血流改善などが期待できます。

不妊治療カテゴリの最新記事

PAGE TOP